時代と共に変わる快適な空の旅事情

飛行機での旅行が高級品であったのは昔の話。今では一般人でも学生でも国内であっても気軽に空に飛び立てる時代となりました。
逆にいえば少し前までならセレブリティ気分を味わえた空の旅も今ではごく普通のものとなり、物足りなさを感じている人もいるのではないでしょうか。
その為、特別感を味わいたい人はよりニッチな旅先を選ぶようになり旅の多様化も進んだように思われます。
格安航空券の需要が増えたことをきっかけに、ローコストキャリアが次々と誕生し、飛行機はより身近でかつカジュアルなものとなったのです。

時代は変わる!飛行機のが安い場合も!

陸路と空路では、陸路の方がリーズナブルと考えていた人も多いのではないでしょうか。
ただし、それはひと昔前の話。実は、飛行機に乗ってしまった方が格安航空券で早く安く国内の目的地に到着することができる、というケースは珍しくありません。
羽田の便も増え、東京から距離のある成田空港まで出向く必要も少なくなったことから、より使い勝手の良いものとなりました。
西日本に行くのであれば新幹線の方が高い、といった事実はもはや常識となり、日帰りの出張であっても飛行機を使うことが珍しくなくなってきているのです。

地上と変わらない生活を

少し前まで、飛行機に乗ったら電子機器の電源を切らなくてはならず、外界と遮断されるイメージの強かった飛行機。
鉄の塊が空を飛ぶなんてと、いつか落ちてしまうのではと怖がっていた人も少なくありませんでした。
今では、電子機器の使用こそ許されてはいませんが、スマホの普及によって機内モードで写真撮影をしたり、機内のWiFiサービスで地上と変わらないネットワークを手に入れることができるようになりました。
そして多くの人が利用することによって、電車や車と同じように人々に受け入れられるようになったのです。
今では路上を歩いていても車が突っ込んでくる時代。もはや空の方が安全だと思う人がいても不思議ではないですね。
この先の未来はわかりませんが、漫画に出てくるような車が空を走ったりするような世界が訪れるのかもしれません。

変わりゆく機内サービス

機内でのお楽しみであった液晶での映画やゲームのサービスですが、今では個人のタブレットを持ち込むことが主流になりつつあります。
今までは席についたらまずイヤホンを手にいれ目の前の画面で機内サービスを楽しんだものです。
前の人のリクライニングがきつかったりすると、それはそれは画面がみにくいと、機内でのトラブルに発展するケースも珍しくありませんでした。
今では充電が減ることを嫌がる人もいますが、個人のタブレットを差し込んで利用するものを多くみるようになりました。

画面撤去のメリット

航空会社からすればメンテナンスや設置費など不要な出費を減らせますし、故障などによるクレームなどを防ぐこともできますね。
例えば団体で近くの席を用意していたとしても、一人の画面に不具合があった場合、席移動を希望する人も多いことでしょう。
同時に同行者と離れ離れになってしまうことを嫌がり、何人もの席配置に再度頭を悩ませることになるのはCAさんです。
よかれと思って用意していたサービスがあだとなるパターンが頻発していたため、それらを解消する意味合いもあったのかもしれません。

飛行機に慣れてより快適ライフを

何事もそうですが、苦手意識のあるままでは好きになることができません。
飛行機も、何度か乗るうちに慣れてきて、それぞれの航空会社の違いやサービスなどを楽しめるようになるというもの。
今までは予定通りにつくかなどといったことを気にして楽しめなかった部分も余裕ができると見方が変わってきますね。
格安航空券を上手に駆使して知らなかった国内にも出かけてみましょう。これからの航空業界と空の旅が楽しみですね。